のし紙の種類と主な用途

のし紙は、水引(印刷した柄)によって様々な意味を持っています。 また「水引」の結び方は、大きく分類すると「蝶結び」と「結び切り」の2種類があり、結び方・本数によってもそれぞれ意味があります。

弊社では5種類をご用意しております

のし紙は、水引によって様々な意味を持っています。 また「水引」の結び方は、大きく分類すると「蝶結び」と「結び切り」の2種類があり、結び方・本数によってもそれぞれ意味があります。

紅白蝶結び  熨斗(のし)紙■紅白蝶結び 熨斗(のし)紙

蝶結びは何度結んでもほどけ、またあるようにということから、何度あってもよいお祝い事の時に使います。

御祝、内祝、出産祝い、御中元、御歳暮、新築祝など
紅白結び切10本  熨斗(のし)紙■紅白結び切10本 熨斗(のし)紙

主に婚礼用に使用されます。ほどけて結び直すことはないように固結び(結び切り) になっていることから二度繰り返さない婚礼用ののしです。

寿、御結婚祝、御祝、内祝など(主に結婚関係)
紅白結び切5本 熨斗(のし)紙■紅白結び切5本 熨斗(のし)紙

ほどけて結び直す事がないように固結び(結び切り)になっていることから 二度繰り返さないお祝い事の時に使います。

快気祝、内祝、全快祝など
黒水引きのし 熨斗(のし)紙■黒水引き 熨斗(のし)紙

一般的に使われる仏事用ののしです。一度結ぶと引っ張ってもほどけないことから、二度繰り返して起きてほしくない場合に結び切を使います。

志、粗供養、御供など主に仏事など弔事に使用
黄水引き 熨斗(のし)紙■黄水引き 熨斗(のし)紙

一度結ぶと引っ張ってもほどけないことから、二度繰り返して起きてほしくない場合に結び切を使います。

志、粗供養、御供など主に○○回忌など法要や法事に使用
※実際ののし紙と違う場合があります。※地域によって用途が異なる場合があります。